脱毛器

自宅で本格脱毛と美顔が格安1台で!「ケノン」

今回はケノンの使い方について解説します。まだケノンを持ってない(買いたい)けど使い方が不安だったり、持ってるけど効果的な使い方が分からないというあなたの為に、効果的なケノンの使い方をまとめてみました。

【ケノンの使い方】つるすべ美肌になれる効果的なケノンの使い方

ケノンの使い方を実践

自宅でゆっくり脱毛できる家庭用脱毛器「ケノン」は、脱毛サロンに行くのが恥ずかしい人や全身脱毛を安く済ませたい人に人気の家庭用脱毛器です。

脱毛エステちゃん

自分のペースに合わせて脱毛できるので、忙しい人にはピッタリですよね。

そんな便利な家庭用脱毛器ですがとはいえ使ったことがない人はこんな不安があるようです。

ケノンの使い方を間違えると脱毛効果が半減!?

ケノンの使い方って難しいの?」

「欲しいけど不器用なのでできるか不安」

「脱毛サロンと同じ物だっていうならめっちゃややこしそう」

実際はリモコンみたいな脱毛器を脱毛したいところに垂直に当てて、ボタン1つ押すだけなんですけどね。

それでもケノンの使い方を自己流で行って脱毛効果を半減させてしまっている人も少なくないそう。

脱毛エステちゃん

そこで今回は、まだケノンを持ってない(買いたい)けど使い方が不安だったり、持ってるけど効果的な使い方が分からないというあなたの為に、効果的なケノンの使い方をまとめてみました。

使い方を間違えると思わぬトラブルを招く恐れもあるので、効果的なケノンの使い方をしっかりと理解してから使いましょう!

【ケノンの使い方準備編】家庭用脱毛器を使う前に準備しておくこと

ケノンの使い方準備編

いざケノンが家に届いてすぐに使いたい気持ちになっていませんか?

一日でも早くムダ毛をなくしたいという気持ちは痛いほどわかります。

脱毛エステちゃん

ですがせっかくムダ毛がなくなっても肌荒れを起こしてしまっては台無しです。きちんと段階を踏んでから処理を行いましょう。

ケノンの使い方準備編①前日に毛を剃る

ケノンはフラッシュ脱毛なので、黒いものに反応します。

脱毛サロンちゃん1

黒いものに反応するならムダ毛を剃らずにそのまま行っても良いのでは?

厳密にはそれでも処理は可能です。

脱毛エステちゃん

ですがムダ毛を剃らないと黒い部分が多く存在することになりますよね。そこにケノンの光を照射すると、光が分散されるため効率が悪くなってしまうんです。

同じ光を照射するのに余計なエネルギーを使っていたらもったいないですよね。

効率良く脱毛したい場合は必ず前日までに脱毛する部位のムダ毛を剃っておきましょう。

なぜ『前日』に剃らないといけないの?

ケノンを使う前にカミソリで脱毛を

脱毛エステちゃん

この『前日』というところにもポイントがあって、ケノンの使い方としてムダ毛剃りは照射する直前ではダメなんです。

先ほどケノンは黒いものに反応すると説明しましたが、剃毛後はほとんど黒い部分がありません。

そこに光を照射させても思うように熱エネルギーを毛根まで伝達できないんです。

前日までに剃っておけば当日には少しだけ黒い部分が見えている状態になるため、毛根まで光が伝達しやすいというわけ。

見た目の目安としては、つぶつぶのゴマのような状態になっていればOKです。

剃毛処理を行う場合は女性用のシェーバーが便利ですよ。

ケノンの使い方準備編②家庭用脱毛器を使う前に保冷剤を用意

ケノンの使い方や脱毛効果を高めるなら保冷剤は必須
▲最近は100均でもかわいいのがたくさん

ケノンを照射する前に保冷剤で肌を冷やす必要があります。

肌を冷やすことで感覚がマヒし痛みが和らぐだけでなく、照射後の炎症を抑える効果があるんです。

脱毛エステちゃん

光を肌に照射すると毛穴は軽いヤケドを負ったときと同じ状態になります。この熱の影響をなるべく受けないようにするためにも、必ず肌を冷やすしましょう。

ケノンには付属品として保冷剤が2個ついてきますが、夏場や広範囲処理する場合はこれだけでは足りません

あらかじめいくつか保冷剤を用意しておくと良いです。

脇や指などを部分的に処理する場合は小さめサイズを使用し、脚全体や背中などの広範囲を処理する場合は枕用の大きめ保冷剤を使用しましょう。

肌に当てる保冷剤は凍っても柔らかいタイプを!

脱毛エステちゃん

肌に当てる保冷剤はカチカチに固まるものではなく、凍っても柔らかい状態を保ってくれるタイプのものがおすすめです。

100均やドラッグストアで売っているので、ぜひ探してみてくださいね。

また直接当てると冷たすぎるという場合は薄いタオルで覆ったり、冷水でタオルを絞ったものを使用したりと工夫すると良いでしょう。

ケノンの使い方準備編③肌を清潔にする

ケノン照射後は毛穴が開きやすい状態になります。

脱毛エステちゃん

だから雑菌が多い状態の肌に照射すると、照射後の開いた毛穴から雑菌が侵入し肌が炎症を起こしてしまう可能性があるんです。

冬場は毎日お風呂に入らないという人もいるかもしれませんが、ケノンで処理を行う前日は必ず入浴し肌をキレイな状態にしておきましょう。

前日に入浴しても当日たくさん汗をかいてしまった場合は、もう一度シャワーを浴びて汚れを落としておくと良いですよ。

またケノンを照射する前日はボディークリームやオイルを塗るのは避けましょう。

肌表面をコーティングすることで効果を得にくくなってしまいます。

ケノンの使い方準備編④ほくろや傷跡を隠す

ケノンを使うときはほくろをコンシーラーなどでカバーすべし

ケノンの光は黒いものに反応するため、ほくろや傷跡などをしっかりとガードする必要があります。

脱毛エステちゃん

テキストほくろや傷跡の大きさに合わせて白っぽいシールを貼っておくと良いですよ。テーピング用の白いテープを小さく切って使用するのもおすすめです。

ほくろの上からケノンを照射してしまうと、ほくろ部分に熱が集中し熱さと痛みを感じます。

ヤケドなどの肌トラブルの原因になるので、照射前にしっかり確認しておきましょう。見えない部分の照射を家族に頼む場合も必ずお願いしてくださいね。

詳しいケノンとほくろについてはこちら⇒ケノンでほくろが増えるor消える?脱毛器ケノンとほくろの関係性

【ケノンの使い方照射編】脱毛する際のポイントとは

まずは基本的な脱毛手順から

  1. ケノンの電源を入れ、照射する準備をしましょう。
  2. スイッチを入れたら照射レベルを調節する画面が出ます。ここで照射レベルを調節したらようやく照射です!
  3. 脱毛したい場所にしっかりと保冷剤を当てて冷やします。
  4. この時水滴がついてしまうと機械の故障や効果が得られない原因になるので、水滴があれば拭いておきましょう
    保冷剤を薄いタオルやガーゼで覆っておくと水滴がつかずおすすめです。
  5. 肌に当ててボタンを押し照射します。
脱毛エステちゃん

これを繰り返していくだけですが、肌がしっかりと冷却されているか必ずチェックしながら行いましょうね。

照射レベルの目安は?

ケノンの脱毛を徹底解析

本体のスイッチを入れるとすぐに照射レベルを調節できますが、最初は低いレベルから試してみると良いでしょう。

脱毛エステちゃん

特に敏感肌の人は少しの刺激で炎症が起きる可能性があるので、レベル1からスタートするのがおすすめです。

ケノンの照射レベルは1~10まで

数値が大きくなるほどパワーも強くなります。

レベル8~10で照射するとより早く脱毛効果を実感できますが、部位によってはかなりの痛みを感じる場合もあります。

敏感肌でなく普通肌の方はまずレベル5~7程度からスタートし、大丈夫そうなら少しずつ上げていくと良いでしょう。

ケノンの使い方 照射レベル

照射レベルは脱毛効果の調節だけでなく肌の色によっても変わる

ケノンは黒いものに反応するため、肌の色が濃い方は照射レベルを下げて使用しましょう。

また色黒な人は色白の方に比べ痛みも強く感じてしまうので、最初からレベルを上げて使用するのは避けてください。

反対に肌が白い人は照射レベルを高く設定するとより効果を実感しやすくなりますよ。

ケノンの連続ショットって?

ケノンには「シングルショット(1連射)」「トリプルショット(3連射)」「セクスタブルショット(6連射)」の3種類から照射回数を選ぶことができます。

ケノンの使い方と連続ショット

何のためにこの機能がついているのかと言うと『肌へのダメージを軽減させるため』です。

6連射で照射した方が高い効果を得られると思うかもしれませんが、そうではありません。

例えばレベル10で6連射を行うと、1回の照射レベルは低くなりパワーが分散されますよね?

この効果で肌へのダメージは軽減されるのですが、回数が増えれば増えるほど脱毛能力は減少していきます。

脱毛サロンちゃん1

それなら全ての部位をシングルショットで行えば良いのでは?

脱毛エステちゃん

確かに効果だけを考えるならそうなんですが「レベル10をシングルショットで当てるには冷却しても痛すぎる…」という部位が時にあったりするんです。

そんな時にこの連続ショットが登場します。

シングルショットでは痛くて我慢できなかった部位でも、連続ショットにすることで痛みを軽減させることができるんです。

そうすることで、レベルを落とさずに痛みを軽減させることが出来ます。

連続ショットはカートリッジの消耗に注意

ケノン カートリッジ

ただし気をつけなければいけないのが、カートリッジの消耗です。

連続照射するということは、その回数分カートリッジを消耗しているということ。

使っているカートリッジがあと何回照射できるかは照射レベルを設定する画面で確認できます。

レベルの下にあと何回使用可能か表示されるのですが、照射回数を増やせばその分使用回数は減っていきますよね。

脱毛エステちゃん

カートリッジを長持ちさせるためにも、連続ショットは痛みを我慢できない部位だけに限定して行う方がおすすめです。

ケノンの使い方照射編①肌に密着させる

ケノンの使い方のポイント

脱毛器を照射する時は、照射面に肌をぴったりと密着させるように当てていきましょう。

しっかりと密着していないと照射が行えないので、毎回丁寧に当てるように意識してください。

照射レベルがMAXだと次の照射が可能になるまで少し時間がかかります。

5秒程度は待つ必要があるので、焦らずゆっくりと肌に密着させていきましょう。

この時肌に強く当てすぎてしまうと照射面が直接肌に触れ熱くなってしまいます。

押し当てるわけでなく、肌に乗せるイメージで行うと良いですよ。

ケノンの使い方照射編②重ならないよう注意

ケノンの使い方 サインペン

誰でも簡単に行えるケノンの照射ですが、忘れてはいけないのが肌へのダメージです。

光は一瞬パッと当たるだけですが、その一瞬で肌はかなりのダメージを受けています。

脱毛エステちゃん

見た目ではわからないかもしれませんが、照射面が重なれば重なるほどダメージも蓄積され、後になって肌トラブルが起きる可能性もあるんです。

脚や腕などの広範囲を照射する場合、どこまで照射したのかわからなくなることも多いかもしれません。

照射が終わった場所に水性ペンなどで印をつけておくのがおすすめ

お湯で落とせるメイク用品を活用するのも良いですね。

自宅で手軽に脱毛できるケノンですが、広範囲に行う場合重ならないようにするのはかなり大変です。

どこから照射を始めたか印をつけても、真っ直ぐ照射できずにずれてしまうこともあるはず。一人で難しい場合は家族に頼んで協力してもらうのもおすすめですよ。

【ケノンの使い方照射後編】アフターケアを怠るべからず!

ケノンの使い方とアフターケア

脱毛サロンちゃん

しっかりと前処理も行い、照射も問題なく行えたらあとは毛が抜けるのを待つだけ♪・・・ですよね?

脱毛エステちゃん

いえ、実は脱毛処理後のお肌はとても敏感で乾燥しやすくなっています

ここでアフターケアをしっかり行わないと、肌が炎症を起こしてしまうこともあるんです。

ケノンで脱毛処理をした後は以下のことに気をつけましょう。

ケノン照射後の注意事項

  • 脱毛後24時間は紫外線対策を徹底する
  • 脱毛後48時間以内はプールに入らない
  • 保湿ケアを念入りに行う
  • 脱毛後24時間は入浴を控える
脱毛後の肌は軽いヤケドを負った状態

外的要因による刺激ですぐに炎症を起こしてしまうことがあります。

ヤケドをしたらすぐに冷やすのを一緒で、脱毛後はなるべく脱毛部位を温めないようにしましょう。脱毛した日は湯船につかるのを避け、シャワーだけで済ませるようにしてください。

また、これは脱毛サロンも脱毛クリニックも同じことですが、脱毛後に紫外線によるダメージを受けると、シミや黒ずみができやすくなってしまいます。

ただでさえダメージを受けている肌に追い打ちをかけるようなものなので、外出する場合はいつもより念入りに紫外線対策を行ってください。

そして一番大切なのが『保湿ケア』です。

ケノン使用後必ず保湿をすること!

ケノンの照射後は保湿を

脱毛後の肌は毛穴が開きやすく、水分がどんどん蒸発していきます。

 

詳しくはこちらを参考にしてください。(ケノンは肌を冷やさないとダメ?効果を最大限高める方法を教えて!

ムダ毛を頻繁に処理している方にとっては少し面倒に感じるかもしれませんが、ムダ毛がなくなっても肌がボロボロでは意味がありませんよね。

日頃から正しい処理を行い、保湿ケアもしっかりと行っていきましょう。

正しいケノンの使い方で脱毛&美肌が手に入る

家庭用脱毛器も痛みのない時代に

また、ケノンは家庭用脱毛器としてのイメージが強いですが、美顔器としてもかなり優秀な機械です。

脱毛エステちゃん

顔の産毛は少ない回数で目立たなくなるので、脱毛が終わったら美顔器を登場させるのもおすすめですよ。

詳しい美顔器機能についてはケノン美顔器の効果に書きましたがケノンが1台あれば全身つるすべの肌を手に入れることができちゃいます。

エステサロンに通って全身脱毛やフォト美容を行うよりも断然安く済むのでとってもおすすめ。

ムダ毛のない美しい肌を手に入れたいと思ったら、ぜひケノンを試してみてはいかがでしょうか?

正しいケノンの使い方を実践して、つるすべの美肌を手に入れてくださいね!

脱毛器 ケノンケノン

TOP⇒脱毛サロンのおすすめはどう選ぶ?全身脱毛と部位脱毛で迷ったら